LA PLUSがめざすもの

la-plusとは

あたり前に働き・暮らすこと

あたり前に働き・ゆたかな暮らしを感じることができるように、障害福祉サービス事業を利用し、“支援される立場”としてでは なく、自分らしく、生きがいややりがいをもって、あたり前に社会とつながっていくことをめざします。

人の役に立ち、あてにされる働き方をはぐくむ

常に未来に対して希望を持って、新たなことへチャレンジをしていくことで、「できる」「できた」という自己肯定感を実感して、さらには「人の役に立つ」「期待される」なかで仕事ができ、やりがいにつながるようにしていきます。

共に学び、生活力と働く力をはぐくむ!

生活や仕事の基本を学ぶプログラムを基礎にして、連携・協力していただく企業や関係機関での、実習や体験を積むことで、ごく当たり前に身につけてきた、生活習慣、社会規範や社内ルールといったことを学びなおします。その体験を自分のものとして、新たな将来を見通した会社での仕事、自ら選んだ生活を送ることをめざします。